女性

防音工事をすれば音楽を思いのままに楽しめる

床を長持ちさせるため

フローリング

高品質なコーティング剤を

建物の床は、木や大理石など硬い素材で作られていますが、いずれも長く使い続けることで劣化していきます。すると割れたりくぼんだりするため、安全に使用することが困難となります。この状態は、床そのものの張替えによって改善されますが、やや大がかりな工事となるため、1平米につき約2万円の費用がかかります。そのため多くの人が、床が劣化する前にフロアコーティングの施工を業者に依頼しています。フロアコーティングなら、1平米あたり千円から5千円ほどの費用負担で済むのです。価格に幅があるのは、フロアコーティングでは複数のコーティング剤を選択できるようになっているからです。そしてコーティング剤には、比較的価格が安い分、耐久性がやや低いものもあれば、価格が高く耐久性も高いというものもあるのです。そしてフロアコーティングでは一般的に、後者のコーティング剤が選ばれています。耐久性が低いものだと、それだけ短期間での塗り直しが必要となるため、かえって費用負担が大きくなるからです。逆に、価格が高くても長持ちするコーティング剤を選んでおけば、1年あたりの費用負担は少なめとなります。たとえば特に高品質とされている光硬化系コーティング剤を使用した場合、1平米あたり約5千円の費用がかかりますが、効果は20年ほど持続します。つまり年間の費用負担が、250円程度で済むということです。フロアコーティングでは、作業前後に家具などの搬入搬出作業が必要となるので、その手間を考慮して、施工回数が少なくて済むコーティング剤を選ぶという人も多くいます。